FANDOM


評議会同胞会議、Brethren CourtまたはPirate Brethren、Brethren of the Coast、Order of the Brethren、Pirate Conclave、Pirate Council)とは、海賊の時代に築かれた海賊たちの広い同盟である。有力な海賊長たちで構成された評議会は海賊自体の主軸であった。ここに集うはぐれ者やならず者たちは最高の中の最高、あるいは最悪の中の最悪であった。

難破船入江難破船町が位置する難破船島を主な拠点にしており、最初の評議会はデイヴィ・ジョーンズとともに海の女神カリプソから支配権を奪うことを画策し会議を開いた。ジョーンズの助けにより評議会は女神をだまして人間の女性の体に閉じ込めた。数十年後、第4回目の評議会は恐るべきカトラー・ベケット艦隊と戦うためにカリプソの助けを借りようと彼女を解放した。

遺産を踏まえ、評議会は規則に則った決断、階層的な指揮権、個人の権利、公平な富の分配を唱えるに従って運営されていた。掟を作ったモーガンバーソロミューはもっとも有名な評議会のメンバーであると考えられている。神聖な「ピラータ・コーデックス」は掟の番人によって守られる。

評議会の海賊長になるには9つの8レアル銀貨と呼ばれる、最初の評議会のときに集められた文無しの海賊たちの小物のひとつが必要である。それぞれのキャプテンあるいはその後継者はこの排他的な巨大組織の海賊長でいるために8レアル銀貨を常に身近に置いていた。

舞台裏

  • 評議会は現実世界の海賊組織である"Brethren of the Coast"に基づいている。

登場作品

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki