FANDOM


Privateer

生命の泉の探索の時期にジョージ2世に仕えた公賊ヘクター・バルボッサ

「恩赦だ。イギリスと東インド会社に代わって敵船を拿捕しろとの許可状。俺もずいぶん安く見られたもんだな」
ジャック・スパロウ[出典]

公賊(Privateer)とは、戦時中に政府から私掠免許の発行を受けて敵船を攻撃する許可を得た個人またはのことである。私略によって海賊は政府役員となることが許され任務を遂行する「公賊」となる。私略免許を得た海賊は敵国の船に対する攻撃が許され、政府は予算を使うことなく敵国の船への攻撃が可能となり海賊は投獄の心配なく略奪が行えた。

著名な公賊編集

登場作品編集

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。