FANDOM


ヘンリー・ターナー(Henry Turner)とは、ウィル・ターナーエリザベス・ターナー(旧姓スワン)の息子である。初めて父親と対面した後、ヘンリーは<フライング・ダッチマン号>のキャプテンとして永遠に七つの海をさまよい続けなければならない呪いから父親を解放するためポセイドンの槍を見つけると誓った。成長したヘンリーはイギリス海軍の一員として<モナーク号>で働いた。彼は冒険においてアルマンド・サラザール率いる恐るべき幽霊の乗組員たちに遭遇し有名な海賊ジャック・スパロウを見つけるよう指示された。

経歴

生い立ち

海賊に対する戦争のおよそ9ヶ月後、彼はウィルエリザベス・ターナー(旧姓スワン)の息子として誕生したと考えられる。それから9年間と数ヶ月、ヘンリー・ターナーは、父親が<フライング・ダッチマン号>での10年間の務めを果たして帰ってくるまで陸でエリザベスとともに待っていた。

WilliamTurner

エリザベスと父親を待つヘンリー

父親が死者の国から帰ってきたとき、太陽が沈む中少年のヘンリーは母親から教わった歌を歌っていた。彼はここで緑の閃光を目撃し、生まれて初めて父親のウィル・ターナーと会った。

ポセイドンの槍

父親との再会

青年へと成長した彼は父親との再会を望み、<フライング・ダッチマン号>の呪縛から解放しようと決心した。彼は数年間の捜索を経てイギリス海軍の屈強な兵士になった。<モナーク号>という強大な戦艦で仕えるようになる。

ジャック・スパロウ

<モナーク号>の営倉に放り込まれていたヘンリーは魔の三角海域で船が魔物に襲撃されたとき戦いに加わることができなかった。乗組員たちはキャプテンアルマンド・サラザールの幽霊たちに虐殺され、ヘンリーは唯一の生存者となってしまった。サラザールは船倉を歩きながら悪名高い海賊ジャック・スパロウの手配書を拾い上げヘンリーにスパロウを知っているか尋ねた。ヘンリーが名前しか知らないと答えるとサラザールは格子をすり抜けて歩み寄り、スパロウを見つけてが近づいていると警告するよう頼んだ。

舞台裏

登場作品

脚注

  1. ワールド・エンド』において「Young Will Turner」とクレジットされている。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki