FANDOM


フライング・ダッチマン号>(Flying Dutchman)とは、悪名高いな超自然幽霊船である。本来、<ダッチマン号>には海で死んだ哀れな死後の世界へ運ぶという聖なる仕事が課されていた。海賊の時代になると、<ダッチマン号>は七つの海を渡る者たちから恐れられるようになった。

伝説と伝承によれば、<フライング・ダッチマン号>はデイヴィ・ジョーンズが愛する海の女神カリプソから与えられた船である。彼女は海で死んだ魂を来世へと運ぶ任務を課した。10年後、ジョーンズはカリプソと過ごすために陸に上がることを許されていた。しかしジョーンズが陸に上がってもカリプソは姿を見せなかった。その結果、自らの心臓をえぐり出して死者の宝箱に納めたジョーンズは任務を放棄し、クラーケンをあらゆる船舶に放って海に混沌をもたらした。彼はまた、死と最後の審判を恐れる弱い船乗りたちを誘い込んで、やがては<フライング・ダッチマン号>と一体化していく乗組員勧誘した。

数十年後、ジャック・スパロウキャプテンとなった借りを返済しなかったため、<フライング・ダッチマン号>は<ブラックパール号>の乗組員と対決することとなった。スパロウはジョーンズの心臓を手に入れることで<ダッチマン号>での強制労働から逃れようと試みた。やがて心臓を手に入れた東インド貿易会社カトラー・ベケット海賊に対する戦争において<フライング・ダッチマン号>とその乗組員に艦隊を先導させた。最終的に難破船島沖で評議会との決戦にもつれ込む。<ダッチマン号>は<ブラックパール号>と壮絶な戦いを繰り広げた。大混乱のさなか、ウィル・ターナーがデイヴィ・ジョーンズの心臓を突き刺してジョーンズを殺害したことで<ダッチマン号>の新たなキャプテンに就任したのであった。

デイヴィ・ジョーンズの死により、<フライング・ダッチマン号>と乗組員の両方がもとの姿に戻った。彼らはHMS<エンデヴァー号>を攻撃する海賊に協力し、ベケットを殺害した。戦いののち、ターナーは<ダッチマン号>本来の目的である職務を果たすために旅立った。それから約20年後、ポセイドンの槍が破壊されたことにより<フライング・ダッチマン号>の呪いは解かれたのであった。

登場作品編集

非正史設定編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki