FANDOM


ミストレス・チン(Mistress Ching)とは、カトラー・ベケット卿がカリブ海賊を根絶やしにしようとしていた時期の盲目の海賊長である。チンは太平洋の長であり、七つの海の5つを旅したことで知られている。権力を持ったミストレス・チンは広東省に身を置き、裕福な淑女として長く生きた珍しい海賊である。

経歴

生い立ち

ChingWanted.jpg

チンの手配書

夫の死後中国の海賊連合の覇権を得て以来ミストレス・チンはジャンクの艦隊を指揮し、沿岸を恐怖に陥れた。彼女は中国と日本の密輸から利益をむさぼり、好みの処刑法として敵対者の首をはねた。

ミストレス・チンは数え切れない村々での襲撃・略奪、戦利品として耳の切り落とし、売春宿と賭博場の経営、戦略的に地元の商人を追い払うための闇社会との結束などの罪で東インド貿易会社から3,400ギニーの賞金をかけられた。

はぐれ海賊

1720年代後半、はぐれ海賊が公海で商船を攻撃し始めるとチンは難破船町海賊の館で開かれた小規模な海賊長の会議に出席した。ヨーロッパが海賊に対して戦争を起こすことを防ぐためすべての海賊長がはぐれ海賊に対応することで同意した。この会合の席でチンは若き海賊ジャック・スパロウドンラファエルとその孫エスメラルダに紹介した。

数日後、ジャック・スパロウがボルヤ・パラチニクこそがはぐれ海賊であると主張するとキャプテン・エドワード・ティーグは正式な調査を開始した。チンは難破船入江の海賊長たちとこの調査に立ち会った。彼女はボルヤの罪を確認することができる超自然の海の支配者デイヴィ・ジョーンズを召還することに賛成していた。

ジャック・スパロウとの再会

チン: 「ジャック・スパロウ あいかわらずチャーミングね」
スパロウ: 「覚えてたか!"難破船の町"での海賊王の会議もお忘れなく」
チン: 「エドゥアルド その海賊会議の使いの男 片付けとくれ」
ビジャヌエヴァ: 「つまり殺せってことか?」
―チン、ジャック・スパロウエドゥアルド・ビジャヌエヴァ[出典]
AWE screenshot.jpg

トルトゥーガジャック・スパロウに遭遇したキャプテン・ビジャヌエヴァとミストレス・チン

デッドマンズ・チェストの探索が行われていた頃、ミストレス・チンはトルトゥーガで友人である海賊長エドゥアルド・ビジャヌエヴァと売春宿を経営していた。彼女は難破船町で行われる4回目の評議会に出席して欲しいというヘクター・バルボッサからの召集を断っていた。その後まもなく、チンはデイヴィ・ジョーンズの心臓を見つけるための乗組員をトルトゥーガで募っていたジャック・スパロウと出会う。彼はふたりの海賊長を評議会に出席させようとしていた。エドゥアルド・ビジャヌエヴァを追ってトルトゥーガを駆け巡り決闘に勝利したジャックは剣を持つチンと向き合った。決闘中にチンの頭をゴングに打ち付けたジャックは戦いに勝利した。チンが目覚めると彼女とビジャヌエヴァは評議会に出席するため難破船入江に向けて旅立った。

登場作品

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki