FANDOM


ジェローム・レオン・ブラッカイマー(Jerome Leon Bruckheimer、1945年9月21日生まれ)とは、アクション、ドラマ、SFジャンルの映画・テレビドラマプロデューサーであり、自身のスタジオ・ジェリー・ブラッカイマー・フィルムズで手がける。彼は『パイレーツ・オブ・カリビアン映画シリーズをプロデュースした。

ブラッカイマーは戦争叙事詩『ブラックホーク・ダウン』(2001年)でオーランド・ブルームトレヴァ・エチエンヌとともに仕事をした。彼は他にも高視聴率を記録した『CSI』シリーズの製作を担当。ラスベガスを舞台にしたオリジナルシリーズの第1シーズン作品「悪魔に魅入られた女」(2001年)にはリー・アレンバーグがゲスト出演した。第8シーズンの「本当になったホラー映画」(2007年)にはマーティン・クレバが登場しており、クレバはその後スピンオフ第2弾『CSI:ニューヨーク』の第6シーズン「悲劇の確率」(2010年)にも出演した。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki