FANDOM


シレーナ(Syrena)とは、ホワイトキャップ湾に住む謎多き人魚である。美しく不可解で謎めいたこの人魚は獰猛な海の姉妹たちとは異なった行動をとった。

彼女には謎が多く本名すらも明らかではない。「シレーナ」とは黒ひげに捕獲された際に宣教師フィリップ・スウィフトがつけた仮の名前である。シレーナとフィリップの出会いは不運によるものであったがふたりには愛が芽生えた。彼女の仲間の人魚たちと黒ひげの乗組員が戦ったあとふたりは出会いお互いに惹かれ合い絆で結ばれたのである。

経歴編集

生い立ち編集

ホワイトキャップ湾におけるシレーナの生い立ちはほとんど不明である。多くの人魚たちは獰猛であったが、シレーナは彼女たちとは異なりおとなしい性格だった。

生命の泉の捜索編集

捕獲編集

生命の泉の探す過程において、泉における儀式で必要となるため、黒ひげの乗組員たちは人魚の涙を手に入れようと彼女たちを捕獲しようとした。人魚狩りは人魚と海賊の間に激しい戦いを引き起こした。湾の古い灯台が爆発すると他の人魚たちは逃走したが、シレーナは水中から宣教師フィリップ・スウィフトの足を引っ張って落下してきた瓦礫から助けた。しかしその場を離れる際、彼女自身も残骸の下敷きとなってしまう。

目を覚ましたスウィフトは人魚の尾が水面を打ち付けているのを目撃する。彼は瓦礫を退けると剣を突き刺し、人魚の尾を捉えた。彼女は水中から顔を出しフィリップを見つめた。ふたりはしばらくの間見つめ合った。目の中に恐怖を見てとったフィリップは尾から剣を引き抜く。理解や受容のような感情がふたりの間によぎるが、突如人魚に網が被せられ彼女は黒ひげのゾンビの操舵手に抱えられてしまう。こうして海賊たちは人魚の生け捕りに成功したのである。フィリップは捕獲に加担したことで責任を感じていた。黒ひげが入江に向かうよう一同に命令したときシレーナは激しくシューシューという怒りの声を漏らしていた。

舞台裏編集

登場作品編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki