FANDOM


「シュヴァル船長 文無しのフランス人だ」
―シュヴァル[出典]

シュヴァル(Chevalle)とは、フランスの貿易の中心地マルセイユ出身の海賊長である。カトラー・ベケット卿がカリブ海地域海賊を根絶しようとしていた時代に活動していた。シュヴァルは地中海の海賊長であり「Capitaine」(キャプテンのフランス語)という称号で知られていた。

経歴

生い立ち

ChevalleWanted.jpg

シュヴァルの手配書

シュヴァルはかつてフランス貴族に所属した地中海海賊長である。彼は何年も旗艦<ファンシー号>で弱く裕福なヨーロッパの貿易船を襲撃し、同時にモントセラトやハイチなど旧世界および新世界のフランス植民地での貿易に明け暮れた。シュヴァルはまた、同じ海賊長エドゥアルド・ビジャヌエヴァのスペイン財宝艦隊がメキシコなどから戻る際に略奪することでも知られていた。

シュヴァルはフランス領の海域における海賊行為やスイス銀行からの窃盗未遂、島および海におけるフランスの所有物の破壊行為によって東インド貿易会社から6,000ギニーの賞金をかけられた。

海賊に対する戦争

絞首台

シュヴァル: 「ジャック・・・待ちかねたぜ 本当に死ぬところだった」
スパロウ: 「礼として、海賊王たちの会議に参加してもらいたい・・・おっと、もう船にもどらねば」
シュヴァル: 「会議で会おう ジャック・スパロウ」
―シュヴァルとジャック・スパロウ[出典]
Exec-Chevalle.jpg

フォート・チャールズでシュヴァルを吊るそうとする処刑人

第4回目の評議会が開催される前、シュヴァルは困難な状況に陥り、カトラー・ベケットの命令により捕獲されてしまった。シュヴァルは裁判を受け東インド貿易会社が支配するポート・ロイヤルの町にあるフォート・チャールズでの絞首刑が言い渡された。幸運にもジャック・スパロウが司祭ティア・ダルマに会うためポート・ロイヤルを訪れておりシュヴァルの危機を知った。そしてジャックはシュヴァルを救出すべく砦に向かう。救出の条件としてジャックは難破船町で開かれる評議会への出席を要求した。命を救われたことを感謝したシュヴァルは合意しふたりの海賊がポート・ロイヤルから脱出するとジャックに別れを告げのちに評議会のメンバーと合流した。

舞台裏

登場作品

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki