FANDOM


「おれのことを聞いたことがないだと!南シナ海で最も恐れられている船長だぞ!それどころか七つの海でな!」
―サオ・フェン[出典]

サオ・フェン(Sao Feng)とは、中国の伝説の海賊であり、シンガポール海賊長南シナ海の統治者として名を轟かせた。恐るべきキャプテンとして知られたフェンは、シンガポールの公衆浴場から海路を支配し中国の海賊団を配下に従え、<エンプレス号>という高価な船を旗艦にしていた。

海賊長を務めていたサオ・フェンは世界の果てへの道筋を示した海図を所持しおじの寺院に保管していた。同じく海賊長であるキャプテンヘクター・バルボッサ率いる海賊団が海図を盗むためにウィル・ターナーを送り込み、同時にシンガポールの浴場に侵入した。サオ・フェンの部下と海賊団の間で戦闘が起こりそうになったがそこにイアン・マーサー率いる東インド貿易会社兵士たちが現れた。戦いの終盤になってフェンはデイヴィ・ジョーンズ・ロッカーからジャック・スパロウと<ブラックパール号>を救うため、バルボッサの部下に船のひとつと海図を譲り渡した。フェンはカトラー・ベケットに裏切られるまで東インド貿易会社と手を組んでいたが、やがて<フライング・ダッチマン号>の手に落ちる前に海賊に加わりベケットと戦う評議会に参加することに同意した。

経歴編集

生い立ち編集

「リアン・ダオはおれの兄だ。父から海賊長の称号を引き継いだのだ」
―サオ・フェン[出典]
SaoWanted

サオ・フェンの手配書

父親が評議会の一員で中国の海賊長であったということ以外サオ・フェンの生い立ちについては何も分かっていない。成長した彼は、父親から8レアル銀貨を相続しシンガポール南シナ海の海賊長に就任した兄リアン・ダオの艦隊に属する<エンプレス号>のキャプテンになった。時を経て、サオ・フェンは南シナ海で史上もっとも恐れられた海賊となった。

舞台裏編集

登場作品編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki