FANDOM


「俺は海賊王だが、お前は何者でもないな」
―エドゥアルド・ビジャヌエヴァ[出典]

エドゥアルド・ビジャヌエヴァ(Eduardo Villanueva)とは、カトラー・ベケット卿が世界から海賊を根絶しようとしていた時代のアドリア海海賊長である。スペイン人であるビジャヌエヴァはアドリア海に拠点をおいたが、フィリピンや南アメリカなど七つの海を旅したことがある。

経歴

生い立ち

VillanuevaWanted.jpg

エドゥアルド・ビジャヌエヴァの手配書

エドゥアルド・ビジャヌエヴァはスペインを代表する公賊でありアドリア海海賊長である。彼はアドリア海やメキシコ、南アメリカなどのスペイン領に近い海を通る船に対して襲撃を行った。彼は若い頃に世界を周り、遠くはフィリピンまで七つの海を旅した。彼の旅と海賊としての努力は海賊長アマンド・ザ・コルセアキャプテンシュヴァルと強力な旗艦<センチュリオン号>を用いて戦ったことで妨害された。バルバリア・コルセアは頻繁に地中海を渡りアドリア海に到達したときにはいつでもビジャヌエヴァの公賊艦隊であるスペイン財宝艦隊と砲火を交えた。彼はまた、キャプテン・シュヴァルに敵意を抱きこのフランス人を激しく憎むようになった。

はぐれ海賊

あるとき乗組員たちとスペイン沿岸を航海していたビジャヌエヴァは2隻の燃えさかる難破船とはぐれ海賊の犠牲者たちに遭遇した。数ヶ月後、ビジャヌエヴァは難破船入江に集まった海賊にこの発見を話して聞かせた。ヨーロッパの海軍の介入を阻止するため、集まった海賊長全員がはぐれ海賊に対処することで合意した。

若き海賊ジャック・スパロウが海賊長ボリス・パラチニクがはぐれ海賊であると主張するとキャプテンエドワード・ティーグは正式な調査に乗り出した。ビジャヌエヴァは他の海賊長たちとともにその調査に参加した。彼は当初、ボリスの罪についてデイヴィ・ジョーンズを呼び出して確認するという考えに反対していたが同国人のドンラファエルと言葉を交わして意見を変えた。

舞台裏

登場作品

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki